バッタンバン名物・バンブートレイン

竹を組み合わせた板を車輪の上にのせ、エンジンを装着しただけ。このとんでもない乗り物の通称は「バンブートレイン」。

もとは地元住民の移動手段としてはじまったものですが、欧米のツーリストを中心に注目されはじめました。

今では観光目的で利用されることが多くなり、バッタンバン名物・バンブートレインと呼ばれています。

最高時速度、約30キロ、視界は360度、遮るものはありません。橋を越えたり、田畑を突き抜け、田舎道を疾走します。地面がとてもちかく、壁などが全くないため、体感速度がとても速く感じられます。

基本的には廃線のため、線路の整備がゆきとどかず、ノーサスペンション。常にガタガタ揺れます。まるでまっすぐ走るジェットコースターのよう。

走行距離は、片道約7キロ、往復14キロ程度。終点ではローカルな村を散策しながら、レンガ工場を訪れたり、お土産をみたりします。

使われていないレールがあれば、エンジンと板を用意し、乗り物として営業してしまう。自由でおおらかな、ゆったりとした時の流れを感じることのできるアトラクションです。将来的には再び鉄道が開通する予定とのことで、その場合は利用できなくなりそうです。

ご希望の方には、シェムリアップから250キロ程離れた、バッタンバンの近郊遺跡へもご案内します。ひとつは山頂のバイヨン様式の遺跡、プノン・バナン。ふたつ目は、ヤショバルマン1世建立といわれるヒンドゥー教寺院、アイ・プノンになります。

視界良好。ローアングルで風を切って疾走します。

昔使われていた駅からスタート。

いざ、出発!のどかな田園風景を進みます。途中いくつもの橋を渡ります。

終点駅では、ローカルな村を散策。写真は村の鍛冶屋さん。

運転士のおじさんと、その息子の車掌(?)さん。

対向車が来たときは、一方がこのように分解・移動します。

山の上の遺跡、プノン・バナン。カンボジア人観光客が多く訪れます。

ヒンドゥー教の遺跡、アイ・プノン。ヤショバルマン1世建立といわれています。

バッタンバン バンブートレイン
110ドル/人

ツアー時間 7:00分~18時:30分頃

※お二人以上の場合。お一人様の場合は220ドルとなります。
※日本語ガイド
※冷たい飲料水付き
※車両込み
※プノン・バナンとアイ・プノンの遺跡入場料は、それぞれ3ドルです。
→お問い合せ・お申し込みはこちらから