トンレサップ湖ボートツアー

雨期には湖が琵琶湖の14倍の大きさにもなるトンレサップ湖。

雨期には村全体が水没するコンポンプルク。地上6~8メートルの柱の上に作られた家並みに、600世帯が漁業を中心に生活している、漁師の村。乾期はバイクや自転車のみ、雨期は道が水によって無くなってしまうため、船でないと行くことができません。

人々は素朴な生活を営み、子供たちは元気に乾期は走り回り、雨期には泳いであそんでいます。

乾期はボートハウスに住む人々が暮らす、チョンクニアへゆきます。トンレサップ湖には30万人という人々が暮らしますが、広大なため、点在する人々の暮らしに思いをはせます。

どちらもカンボジアの中でも珍しい村で、外国人観光客にもとても人気があります。ツアーの折り返し地点では、どう見ても海のような、東南アジア最大の淡水湖、トンレサップの大きさを体感していただきます。

川を遡上して、トンレサップ湖まで探検!(コンポンプルク)

川を遡上して、トンレサップ湖まで探検!(コンポンプルク)

ボートハウスに暮らす人々の暮らし(チョンクニア)

ボートハウスに暮らす人々の暮らし(チョンクニア)

乾期にゆくチョンクニアの水上教会

乾期にゆくチョンクニアの水上教会

移動手段はボート(コンポンプルク)

移動手段はボート(コンポンプルク)

トンレサップ湖ボートツアー

98ドル/2人の場合(1人あたり49ドル)
98ドル/1人の場合
135ドル/3人の場合(1人あたり45ドル)

ツアー時間:4〜5時間程度

※お一人様の場合は98ドル/人となります。
※遺跡の入場券は必要ありません。
※日本語ガイド
※冷たい飲料水付き
※車両込み・モーターボート代を含みます。
※昼食代は含まれていません。

→お問い合せ・お申し込みはこちらから